「"9つの打ち手"でお金が回る仕組みをつくる」講座
お名前:
 ※必須
メールアドレス:
 ※必須

 

不安な状況から一歩前進へ

「先々資金繰りが心配だ」

というご相談を受ける際、不安な状況をよくよくお伺いすると、
経営者からは次のような言葉が出てきます。

どこから手をつけてよいのか分からない。
原因がいま一つはっきりしない。
また、うまく行かないのでは?
自分にはとてもできそうにない。

とにかく時間がない・・・。


資金繰りの問題に限らず、ある課題を解決しようとした時に不安を感じるのは
多かれ少なかれ同じような状況ではないでしょうか。


資金繰りの本質はけっして難しいものではありません。


しかし、

資金繰りを改善するには、経理や会計の専門知識がないとダメ

と一般的には思われているため、

経営者が資金繰りと向き合う際に必要以上に大きな壁がある

ことをよく感じます。


この無料メール講座

売上げ減でも逆にキャッシュフローは増える!
手元のキャッシュを確実に増やすための、
「"9つの打ち手"でお金が回る仕組みをつくる」講座

は、中小企業の経営者が、先の不安な状況から一歩でも前へ進んでいただく
ためのヒントを盛り込んでいます。


どこから手をつけてよいのか分からない。
 →やるべきことを明確にする。

原因がいま一つはっきりしない。
 →基本に立ち返って考える。

また、うまく行かないのでは?
 →失敗の原因をきちんと検証する。

自分にはとてもできそうにない。
 →まずは自分のやれることに集中する。

とにかく時間がない・・・。
 →優先順位をつける。


これらは、クライアントさんに対して、弊社がいつも行っていることです。

ごくごく当たり前のことなのですが、資金繰りに関しては、この

当たり前のことがなかなかきちんとできない

という現状があります。


そこで、もし、会社の資金繰りに少しでも不安を感じる経営者の方がおられましたら、

7日間の無料メール講座

で、

資金繰りを改善するための基本

を身につけていただければたいへん嬉しく思います。

 

こんにちは、ご挨拶が遅くなりましたが、
「お金が回る仕組みづくり」プロデューサーの岩井徹朗です。

私は、みずほ銀行(当時の第一勧業銀行)に在籍していた14年半の間に中小企業から上場会社まで、業種も大手百貨店や美容室、ミュージカル劇団といったサービス業から、不動産・建設業、検査試薬、食品、ガラス瓶の製造業に至るまで、延べ1,000社以上の会社を担当してきました。また、この間、役員秘書として取締役会の運営、海外拠点の設立にも従事し、組織の設立、運営の経験を積みました。

その後、創業前の楽天銀行(当時のイーバンク銀行)に入社。銀行免許取得に向けて社内体制を整備する一方、第三者割当増資を中心に3年間で135億円以上の資金調達に携わりました。また、GPSの企画・開発を行うベンチャー企業において、事業計画書の作成から始めて6ヵ月で増資と銀行借入をあわせて2億円の資金を集めることができました。

2006年7月に独立し、上場会社の内部統制に関連して業務フローの改善に関するコンサルティングを行う一方、中小企業が年商10億円を目指していただくための、組織作りや資金繰り、財務管理体制のご支援活動を行わせていただいております。

★プロフィールの詳細は「こちら」をご覧下さい。


中小企業にとって最大の課題は、なんと言っても、

資金繰り

です。

 

「あと1,000万円あれば何とかなるんですが・・・」

という経営者の方をよく聞きます。


では、手元にお金があれば本当に会社は安泰なのでしょうか?


経営者がお金が足りないという時、理由は様々です。

商品が思ったほど売れない
社内に優秀な人材がいない
銀行がなかなかお金を貸してくれない

などなど。

しかし、仮に資金調達が上手くいって手元に充分なお金があっても、

その売上はいつ入ってくるのか?
在庫はどのくらい溜まっているのか?
商品別の損益分岐点はどうか?

といったことをしっかりと把握できていない状態では、
遅かれ早かれ、手元の資金が底をつきます。


実は、私は前職の会社で、

「1億5,000万円のお金があれば、3年後には売上高は3億円になります!」

という事業計画書を作り、お金を集めていました。

結果は6ヵ月ほど時間はかかりましたが、ベンチャーキャピタルからの出資を中心に、
なんとか希望する金額を調達することができました。


けれども、・・・・・


その後、いろいろと紆余曲折はあったのですが、
調達したお金は2年ほどで底をついてしまったのです。


お恥ずかしい話で恐縮ですが、私がいた会社は

「お金が回る仕組み」

ができていませんでした。

 

売上が減っても、手元のキャッシュを確実に増やす手法とは?

無料メール講座

売上げ減でも逆にキャッシュフローは増える!
手元のキャッシュを確実に増やすための、
「"9つの打ち手"でお金が回る仕組みをつくる」講座

は、私が

銀行員時代の融資や審査業務

設立準備から免許取得、開業に至る銀行の新規立上げ

ベンチャー企業での資金調達

独立後、6年間に渡る中小企業のご支援

で経験したこと、学んだことをすべて盛り込んだ内容になっています。


そして、7日間にわたって、中小企業が手元のお金を確実に増やしていくための

「お金が回る仕組み」

についてその基本的な考え方や進め方をお伝えしています。


7日間のメール講座の各タイトルは以下の通りです。

1."お金が回る仕組み"とは?

  →「お金が回る仕組み」は単なる資金調達とは違います。

2."ペコちゃん"はやり手経営者

  →理想的な「お金が回る仕組み」について検証します。

3."役割と目標の見直し"でお金が回る!

  →「売掛金の回収」についてのケーススタディです。

4."一元管理"でお金が回る!

  →「在庫」および「仕入」に関するケーススタディです。

5."営業時間の短縮"でお金が回る!

  →「売上が減っても、キャッシュが増えた」事例です。

6."9つの打ち手"でお金が回る!

  →お金を回していくための着眼点です。

7."9+1"でお金が回る!

  →資金調達は「急がば回れ」です。

 

お名前とメールアドレスをご登録いただくだけで、

会社の資金繰りを改善するための基本的な考え方

が7日間でしっかりと身につく内容になっています。


御社の明日の経営に役立つヒントを得るために

無料メール講座

売上げ減でも逆にキャッシュフローは増える!
手元のキャッシュを確実に増やすための、
「"9つの打ち手"でお金が回る仕組みをつくる」講座

にお申込みいただければ嬉しく思います。

ヒーズ株式会社代表取締役 岩井 徹朗

 

「"9つの打ち手"でお金が回る仕組みをつくる」講座
お名前:
 ※必須
メールアドレス:
 ※必須

 

なお、7日間の無料メール講座が終了した後は、資金繰り対策業務改善に関する情報を、

「キャッシュフロー通信」【CF】

という形で、毎週無料でご提供し、引続きフォローアップさせていただきます。

★最新の「キャッシュフロー通信」【CF】については「こちら」をご覧下さい。

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須